ニュース

2012.01.15

Ryota Niwa LIVE REPORT


 

2012年1月15日。 
北海道稚内市にて行われた地元バンドのイベントに足を運んだ。 

今回のイベントに我が、エンドレコーズより音源をリリースしたRyota Niwaが出演するからだ。 
私は、是非とも彼のライブを観たいと思い、カメラを持って家を出た。 

今回行われたライブの場所は稚内で唯一、大々的に宣伝をし、数々の有名アーティストもライブを行なった場所。HEART BEAT CAFEである。 

目的地に着くと、すでに数十名の若者が今回のライブの始まりを今か今かと待っている姿がとても印象的だった。 

1バンド目は地元の高校生バンド。マキシマムザホルモンのコピーバンドだ。 
若さあふれるステージに会場はヒートアップした。最前ではヘッドバンキングをするキッズ達の姿も見受けられた。 

2バンド目は今回のイベントを企画した主催バンド。 
女性2人、男性1人という3ピースから生み出される音は時に優しく、時に激しく。 
強弱のはっきりしていたバンドだったことが印象的だ。 

会場もかなり盛り上がってきた時。 
3バンド目。今回、私が目当てに来たバンドである。 
Ryota Niwa率いるNeo generationだ。 

1曲目はメンバーである女性キーボードが曲を書いた「モノクロ」と言う曲。 
爽やかさ溢れる歌メロディが印象的な曲であった。 

ここでMCを挟みRyotaNiwaが口を開いた。 
自らのバンド名の略し方を直々説明したり、ネタを挟んだりとMC中のお客さんを飽きさせない喋りに筆者も思わず笑ってしまった。 

そして、そんなネタの合間に彼がこう言った。 
「バンドを組んでやりたかったことを全て詰め込んでみました。」 

そう。次の曲「Reincarnation」 
我々エンドレコーズでも無料でダウンロードできるこの名曲を生で聞けた筆者は幸せ者だろう。 

女性キーボードとベースから始まり、一気にバンドサウンドに持っていった。 
彼がこだわり抜いた繊細なその曲はオーディエンスにどう伝わったのだろう。 

ここで、筆者は音楽の力。いや、彼自身の力を目にした。 
なんと、彼のギターソロの際、バラバラに立っていたオーディエンスが一気に彼の前まで行ったのだ。 
ベースも、キーボードも、ドラムも素晴らしかったこのバンドだが、ギタリストの一番の見せ場とも言われるソロ中に沢山の人間が目の前に押し寄せる様。 
圧巻だった。 

ギタリストにとってこれ程幸せなことはないだろう。 

この曲はお恥ずかしながら私が作詞したのだが、この歌詞を歌う彼自身の気持ちの様な、 
まるで彼が作詞した様な、そんな感覚に陥った。 

“僕は僕の存在を求め出会うだろう。きっとあの日に帰れるから。” 

これからますます進化するであろうRyotaNiwa 
まるでこの歌詞が「まだまだ俺たちはこんなもんじゃない。もっと凄い事をこれからやるんだ!」と歌っているようにも聞こえた。 

そして、3曲目「Blue Moon」 
この曲も女性キーボードが曲をかいたそうだ。 
彼女らしい爽やかな曲で、オーディエンスもこれがメインバンドの様な盛り上がりを見せていた。 

そしてNeo generation名義でのライブはこれで終了し、ゲストボーカルを迎えてジャンヌダルクやAcid Black Cherryのコピーを演奏してライブは終了。 

一通りみた感想としては、 
やはりRyota Niwaはギタリストであった。 
しかも一流のギタリストだ。 

プロが一流で、アマが三流などでは決してないと筆者は思う。 
その真意は是非彼のライブに足を運べば一目瞭然だろう。 

今回のレポートでは写真も撮影した。 
お客さんや、Ryota Niwaのライブ中の写真と共にこの記事を読んで頂けたら幸いだ。 

そして、4バンド目、本日のトリを飾ったバンドはビートクルセイダースのコピーや、マキシマムザホルモンのコピーなど、3ピースバンドの音圧では無い技量で場を盛り上げてくれた。

帰りに私は気の合う友人達と食事をして帰宅し、今こうして文章を綴っている。 
この記事を読んで、少しでもRyota Niwaを気になっていただけたら幸いです。 

初めてのライブレポートで拙い文章でしたが、少しでもあなたに届くように精一杯書きました。 
どうか、これからもRyota Niwaそして、我々エンドレコーズを宜しくお願い致します。 

                              TERs // SATO KOHEI

2012.01.02

【MV】『秋風』完成!!


TERs代表の佐藤康平の初PVである『秋風』が完成しました。

曲は、『幸福論』の中に入っていますので、どうぞDOWNLOADしてください。

今回の動画提供は、私が代表を務めているPEPESOで昨年焼き芋をしている動画を撮ったものをそのままダイジェストでMVにしました。

出演者は、早坂卓磨、長尾竜二、西尾翼の3人であり、いずれもPEPESOのメンバーです。

今回の動画にあたっては、動画を撮ってからそれを佐藤康平に曲にしてもらったのがこの作品なのです。

一見、ただの焼き芋動画かと思いますが、火の燃え具合が曲の波長と合っていると思います。

渾身の一作!是非ご覧あれ!!

TERs // HAYASAKA TAKUMA

2012.01.01

『Reincarnation』配信開始!!


お待ちかね!!Ryota Niwaの初のニューシングルが公開致しました!!

是非DOWNLOADして聞いてみてください!!

こちらからDOWNLOADできます!!

TERs // HAYASAKA TAKUMA

2011.12.30

『Reincarnation』が1月1日の午前に発表!!


Ryota Niwaの1stSingle『Reincarnation』が2012年1月1日の午前0時30分発表する予定です!!

皆様お待ちかねですが、あと2日待ってください!!

TERs // HAYASAKA TAKUMA

2011.12.17

THE END RECORDSからニューアーティストが!!


2012年、新春。ニューウェーブ到来。

ということで、亜門あこがれの存在"RYOTA"

彼が中学生の時からのあこがれの彼が、この度TERsでsingleをReleaseすることが決まった。

彼の人柄はとてもユニークで誰もしたことがない事をしたいと言う願望が彼をそうさせているらしい。

ジャンルはアニソン、戦隊物、ビジュアル系など、他ジャンルで活躍している。

題名などはまだ未定らしい。

詳しくは、1月1日のReleaseを乞うご期待!!

損はさせません。

 

TERs // HAYASAKA TAKUMA

2011.11.01

THE END RECORDS完成しました!!


これからたくさんのアーティストとの協力の下で、頑張っていきたいと思います。皆様温かい目で見守っていてください。

 

TERs // HAYASAKA TAKUMA 

Twitter